0379422

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
一本松 掲示板
[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
1訃報  / 2御礼 (1) / 3かばさん (1) / 4御悔やみ申し上げます。 (2) / 5お礼 (16) / 6訃報 (21) / 7緩和ケア (7) / 8かばさん (3) / 9帰ってきました (8) / 10ゆうぞうのテレビ (5) / 11あけましておめでとうございます! (7) / 12新しいテレビ (4) / 13正月飾り (7) / 14ふたご座流星群! (2) / 15詰まったチューブ (3) / 16かばさん (6) / 17かばさん (11) / 18鹿児島おはら祭り (15) / 19地元のお祭り (8) / 20うそど (7) / 21行ってきました。 (4) / 22点滴をやめました。 (3) / 23なんだかなあ (6) / 24退院しました。 (3) / 25緩和ケアの説明 (2) / 26話し合いの結果 (5) / 27さぁてさてと (1) / 28定期的な検診 (6) / 29関東一本松会  / 30ゆうぞうの今月のスケジュール (11) / 31予感的中 (3) / 32退院してきました。 (4) / 33仕上げ手術 (4) / 34入院 (6) / 35今日は抗がん剤 (4) / 36山川みなと祭り (6) / 37ツマベニ少年太鼓の先駆者 (2) / 38無題  / 39無題 (2) / 40お日柄も良く!^^! (6) / 41告知です。^^  / 42CTによる診断 1^^1 (6) / 43奇遇でした@@ (2) / 44ギリギリ (5) / 45腰の痛み2 (2) / 46腰の痛み (2) / 47抗がん剤治療に行ってきました。 (5) / 48関東そいじゃがのお花見 (12) / 49花見会場の下見 (11) / 50関東そいじゃが花見決定 (8) /



[ 指定コメント (No.5305) の関連スレッドを表示しています。 ]

緩和ケアの説明 投稿者:かばさん 投稿日:2018/07/28(Sat) 00:40:09 No.5305  引用する 
腹部からチューブを出す予定だったが、処置室に入ってエコー検査の結果、その処置が
出来ないことがわかり、鼻からのチューブで排出することになった。
もともと体内に戻す栄養値の高い胆汁を外に捨てるのですから、口から摂る飲食物だけ
では到底足りません。
それを補うために、点滴で栄養補助をしなければなりません。
点滴を24時間で1リットルをずっとです。

そのほかに胆汁の排泄も一日1〜2回やらなくてはならず、特に点滴の針の交換などの
医療行為は医者か看護師にやってもらうしかなく、在宅医療を受けなくてはなりません。

今日の説明の結果、胆汁の袋は腰ベルトにぶら下げて、点滴は点滴液とチューブと定量
ポンプなど専用のリュックに入れて担ぐものがあるので、トイレや外出は無理なく出来る
ことがわかりました。
不自由ではありますが、しばらくはこれに慣れるしかなさそうです。

先日、点滴は外して胆汁の袋を腰にぶら下げて「和太鼓TAOの演奏会」を見に行きましたが、
特に違和感もなく外出できました。

Re: 緩和ケアの説明 投稿者:かばさん 投稿日:2018/08/02(Thu) 08:44:48 No.5306  引用する 
毎日、点滴の練習に明け暮れています。

退院までに自分で出来るようにしているのですが、持ち帰る器具類が揃うまで待ち時間も
あります。
だんだん揃って来ていますが、自分で発注するものもあり、また次にお世話になる在宅診療所への連絡など、けっこうやることも多いです。

さて、今までの処置に対しての疑問点に答えるために、処置に関わった先生が来て下さった
のですが、かばさんの意見を認める部分はあっても、何かと理由を付けて正当化してきます。
担当の先生には、かばさんは腹の中では怒っていることはしっかり伝えました。


それにしても待ちが長くて、いつ退院出来ることやら……………。

Re: 緩和ケアの説明 投稿者:かばさん 投稿日:2018/08/04(Sat) 01:36:59 No.5307  引用する 
退院日が決まりました。

6日の月曜日です。
鼻からのチューブと回収袋を腰にぶら下げ、点滴ポンプや点滴液などの入ったケースを
肩に担いで、入院時に持って来た着替えなど入ったリュックと、3日分の点滴液3Kgを
持ち帰るので、……… わっ! ……… いっぱい!!

この日、ちょうどオフのゆうぞうに手伝ってもらう事に、午後から在宅診療所の先生と
看護師さんが今後の話し合いに来てくれるので、それにも参加してもらいます。

いよいよ自分でやらなくてはならないのだが、点滴セットの扱いは慎重に消毒綿で拭いたり
しなければならず、そう簡単ではない。

簡単ではないがやるしかないな。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -