0123747

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
蛇々馬会 掲示板
[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1どっちがナポリ (5) New!  / 2山川 28会 東京同窓会 (1) / 3薩摩時代の沖縄は奴隷 ?  (18) New!  / 4人助け順位世界最下位の日本 (14) / 5韓国問題 (19) / 6令和も。。 (2) / 7渋谷おはら祭りが開催されました (25) / 82019夏 (22) / 9屋台村 (7) / 10おもてなし (10) / 11健康 (18) / 122019年春 (22) / 13嗚呼 ! 65歳【おしゃれ&趣味編】 (5) / 14嗚呼 ! 65歳【お金編】 (8) / 15嗚呼 ! 65歳【健康編】 (5) / 16嗚呼 ! 65歳【恋愛編】 (7) / 17平成最後の皇居一般参賀 (6) / 18箱根駅伝大手町(スタート) (2) / 19今年の1番 (3) / 20新年 (1) / 21予期せぬ火災に注意を (2) / 22関西蛇々馬会開催しました  / 23上野不忍池周辺 (1) / 24小田原、熱海観光 (3) / 25山川鶴郷会の集い (4) / 26関東指宿会ふるさと指宿集い (4) / 27山川小学校140周年 (15) / 28成果あり (14) / 29お試し。 (19) / 30感謝 (9) / 31浅草サンバ祭り (7) / 32親不孝。 (3) / 332018秋 (30) / 34母の味 (17) / 35南大隅の観光 (3) / 36山川港祭り (10) / 37浅草の三社祭り (6) / 38渋谷おはら祭り (6) / 39同窓会バーベキュー (9) / 40同窓会 (7) / 41上野恩賜公園西郷隆盛清洗式 (3) / 422018夏 (28) / 43東京都内の花見観光 (6) / 44東京ドーム  / 45国民休暇村 鵜の岬 (6) / 46訃報 (10) / 47せごどん新体操!!!  / 482018年皇居一般参賀 (3) / 49箱根マラソン往路スタート地点 (3) / 502018春 (35) /



[ 指定コメント (No.1048) の関連スレッドを表示しています。 ]

おもてなし 投稿者:大平 投稿日:2019/05/02(Thu) 20:58:45 No.1048  引用する 
加賀屋 日本1に輝いてる ホテルだけど 全てに於いて素晴らしいですね! おもてなしの心が 行き届いているホテル 流石です。

いつも 旅は 女子同士 が最高 スケジュール行程を考える人、宿泊先のリサーチ(食事)など
それぞれ 得意分野でお任せ。。レンタカーで気ままな旅。

だけども。。。主人の還暦祝いで 加賀屋 に行き おもてなしの素晴らしさに 感動した!!
部屋食の時に 還暦祝いで〜〜と仲居さんに 一言だけ 話しただけなのに〜

なんと お部屋に 女将さんが来てくださり プレゼントまで。。。
13年前に なるけど 今でも お茶タイム で使ってます。

最近での女子旅::島根の玉造温泉 佳翠苑が最高でした。


Re: おもてなし 投稿者: 投稿日:2019/05/03(Fri) 10:31:53 No.1049  引用する 
加賀屋・・・ここにも贅沢者がおられましたか。

「いつも 旅は 女子同士 が最高」・・・!?

そうですよね。何だろう、男って、男同士が最高
って思ったことはないのですが。逆に、旅は女連
れでないと寂しい。

男の弱さかも。

昨日、達也さんちで恒例のバーベキュー同窓会を
やりました。そこでの話ですと、男の弱さがみえ
てきます。

同級生で、朝から酒を飲んでいる奴。働けるのに
生活保護を受けている奴。癌で死にたくないよと
泣きながら死んでいった者。昨年の同窓会に一緒
に飲んだ一人が8月には急逝も。

男はつらいよ

この私も、3月に会社が倒産して4月4日付けで解
雇。4月5日が私の誕生日。もう、66歳だから年金
生活に入ってもいいのですが、余裕のある生活を
したいと思って70歳までは年金を貰わないで頑張
ろうと只今就活中です。


就活奮戦記 1 投稿者: 投稿日:2019/05/07(Tue) 10:16:50 No.1053  引用する 
かれこれ2ヶ月余り、

家でグダグダ、自分的には結構楽しい超長期春休
み。毎日が休みというのはいいもんだなと思いな
がら、先が見えないという不安が頭をかすめる。

この休みに入る前に、ずっと三食昼寝付きのカミ
さんには「昼寝してても絶対怒らないから」と宣
言したせいか、2ヶ月経った現在もさほどの心的
変化は見られない。でも、「今度はいつ職安に行
くの」とそれとなく聞いてくるところをみると、
気がかりにしていることは確かだ。

私は車の運転が好きだから前の会社の近くの精密
機器を運ぶ運送会社に入りたいと思っていて、そ
の会社から3月に「いつでも来て頂戴」という内
諾を受けていた。だから、余裕で春休みをエンジ
ョイしていたのでした。だが、いざ4月4日の解雇
日を過ぎてその会社に行くと、4月に入って2件の
顧客を失って、今、正社員では難しい、パートな
ら・・・と言うつれない返事。

弱った・・・


就活奮戦記 2 投稿者: 投稿日:2019/05/15(Wed) 10:25:17 No.1058  引用する 
そうか世の中は好景気で人手不足と言っているけ
ど、中国や韓国の不況の影響は意外と日本に影響
を及ぼしていて、秋の消費税でそれは決定的にな
るのかも。その時にパートだとすぐ解雇されると
思った私は、その足でハローワークへ。そしたら、
パートだけど時給1200円で6時間以上の勤務を希
望とある老舗お菓子屋さんの求人がnewで出てい
た。すぐに履歴書を送ったら、翌々日に電話があ
り、一週間後に面接とのこと。

「勤務時間は6:30〜16:30、配送部門採用2人」
とあったので、よっしゃお菓子屋さんだったら潰
れる心配はないし、首になることもない。フルに
働けば月に20万以上にはなる。家や車、電気製品
など大きな出費も向こう4年間はないだろうし、そ
うだ、月に20万で暮らそう。と、自分に都合のよ
い計画を立てて、いざ面接会場へ。

採用2人とあったのに来ていたのは私一人。もう、
決まりだなと思ったのですが、・・・

30分の適性検査をして現場の担当者から仕事の内
容を一通り説明された。そこで、わたしが月に何
時間位働けますかと聞いたら、最大100時間だと
いう。・・・月に12万。

お断りして帰って来ました。その足で又職安へ。


Re: 就活奮戦記 3 投稿者: 投稿日:2019/05/22(Wed) 10:28:40 No.1066  引用する 
66歳、パートの採用は無数にあるが、この年で正
社員の採用は少ない。そんな中、newで「19万〜
4ケ月に1回4千円昇給、22万まで」という条件で、
大型マンションの集中警備室の勤務。これは楽そ
うだ。ただし夜7時から朝9時まで14時間勤務。4
時間の仮眠は取れるからまあいいか。ということ
で、即依頼。履歴書持参で翌々日面接。

申し訳ないくらい楽ちん。それにしても、保険・
年金等はメリットはありますが、正社員ではあっ
ても現役世代(再雇用期)の6割、バブル期の3割。

あと四年間はがんばろう。


Reおもてなし 投稿者: 投稿日:2019/05/31(Fri) 06:35:11 No.1074  引用する 
【AFP=時事30日】中国(成都)で開催された年
に1度のユース国際大会で、優勝したU-18韓国
代表の選手が足でトロフィーを踏んで喜んでい
る写真が公開された問題で、大会を主催した中
国側は30日、韓国チームの優勝を剥奪した。さ
らに中国メディアが、選手らがトロフィーに向
かって小便するふりもしていたと伝えると、怒
りの声はさらに強まり、成都サッカー協会も、
謝罪では不十分だと明言。韓国側の振る舞いを
「重大な侮辱行為だ」と批判していた。

思い出すなぁ。WBCで太極旗をマウンドに突き
刺した韓国と、マウンドを日章旗で優しく覆っ
た日本との対比。

仏教的視点で見ると、日本という国は菩薩界の
人間が多く集まった国で、菩薩界とは他人を敬
う人のことで、「おもてなし」もそこから生ま
れる文化です。それに対してあの国は修羅界の
人間が多く集まっていると私は見ているのです。

修羅界とは、「争いが絶えない世界をいいます。
万事を自分の都合の良いように解釈し、都合の
悪い事は、全て相手にこじつけて良い事だけ自
分のものにする考え方です。

この世界に落ちる人の因縁は、自分は他より勝
れていると思い、嫉妬、自慢、自大〈自ら尊大
になる事〉、また、自惚れの強い人が陥いる世
界です。地獄・餓鬼・畜生を三悪道といい、修
羅を加えて、四悪趣ともいいます。」だそうで
す。
https://mugikiri.exblog.jp/6125220/


就活奮戦記 4 投稿者: 投稿日:2019/06/03(Mon) 10:33:31 No.1076  引用する 
さて、新しい仕事を始めて今日で20日。慣れてし
まえば楽なもんです。

当初、気弱なカミさんが「慣れない職場でいじめ
られることはないかなぁ」と心配してくれてまし
たが、「大丈夫だよ、そんなことがあったら、こ
っちからやっつけてヤル」と意気込んで見せまし
た。

私への付きっ切りの研修はK氏(一応この職場の隊
長)が努めてくれた。そして、研修2日目からこの
K氏に怒られっぱなし。66歳という熟年の威厳を
封印して、4つ年下のK氏にかしずく。

このK氏、まぁ細かい細かい。机の上の帳面の置き
方から記帳の仕方、文言、文章の書き始めの位置な
ど、寸分違わない事を求めて来る。

そして、2日目からは、「それは私は教えましたよ
ね」の連発。「私は言ったはずですよ」と私のミス
を指摘するときはまるで鬼の形相になる。


就活奮戦記 5 投稿者: 投稿日:2019/06/07(Fri) 10:30:03 No.1080  引用する 
研修3日目に私はキレた。「私は人一倍記憶力が
悪いから全ては私が悪いのですが、そんなに立て
板に水を流すようにしゃべられては何一つ頭に残
らないよ。要点だけを言ってください。」と。

何しろ、外の巡回時も微細なことまでずっとしゃ
べりっぱなし。仕事を終えて駅までの道すがらや、
途中2区間一緒の電車の中でも静かな回りを気に
することもなく、ずっとしゃべりっぱなし。

普段は腰が低く、オーナー等に対してはお辞儀の
しっぱなし。相づちの代わりにお辞儀をしている
感じ。私は最初と最後にするだけですが。

その後も鬼の形相はまだ続いている。100%を求
める姿勢は確かに正しい。ただ、この前彼のミス
を発見してしまった。

記入する欄を間違っているのだ。

誰にだって凡ミスはある。人間だもん。業務に支
障のないものに関しては、目くじら立てるもんじ
ゃない。そして、彼のミスには触れずにそのまま
流しました。彼の威厳を守るために。

でも、私の心はほっこりと。


就活奮戦記 6 投稿者: 投稿日:2019/06/09(Sun) 10:34:42 No.1083  引用する 
研修最後の4日目。巨大マンションではいろんなこ
とがある。

深夜12時過ぎ、20歳代の女性が泣きながら警備室
へ入ってきた。当初、高校生かと思われ、「どう
したの、親と喧嘩したの」と、問いかけてみる。ど
うも、おやじを説教してほしいみたいなことを言
ってくる。さらに、精神的にも患っているように
も見える。泣き止まないので、こちらも一緒に泣
くことにした。

「おじさんも悲しいよ。おじさん何もしてあげら
れずにごめんね。」「あなたの前では強がってい
るけど、おやじって意外と弱いもんだよ」と、私
の経験を縷々(るる)正直に話してみた。

彼女の泣き声より私の泣き声の方が大きかったか
もしれない。そうしたら、いつの間にか彼女は泣
き止んでいて、今度は占いをしてあげると言って
色々質問してくる。「今、お腹空いてる? 好きな
食べ物は・・・」

同じ質問の繰り返し。「そろそろ3時。新聞屋さん
もやってくる時間なので、3時までしかお嬢さんと
のお話はできないけどごめんね。3時にはお帰り」
と言ったら素直に帰っていった。その後も頻繁に
やってくるかなと思ったら、あれっきり。

この間、相棒のK氏は衝立(ついたて)の向こうで
スマホをいじってて、一回も出てこなかった。

今日で研修おわり。


就活奮戦記 7 投稿者: 投稿日:2019/06/16(Sun) 15:52:30 No.1088  引用する 
さて、20日が経ちました。今だに怒られていま
す。

外巡回からの無線での定期報告がある。その時、
「マニュアルでは◯◯警備員応答願います。」
と先ず呼び掛ける。

これを私は、「◯◯警備員◯◯警備員応答願い
ます。」と二回人の名前を呼ぶようにした。そ
したら、彼が「我々は新しいことをする必要は
ないのだ。決められた通りにやらなければなら
ない」と鬼の形相。

一回の呼び出しでは誰が呼ばれているのかうま
く聞き取れない経験をしたので、2回呼ぶよう
にしたのだが、「新しいことをしちゃいけない」
「決められた通りにしなければいけない」とい
うのである。・・・「決められた通りに」私が
もっとも苦手とすることです。

さて、朝方になると新聞配達員さん達がやって
くる。名前や入館の時間等を記帳するために警
備室に入ってくる。ついたてで間仕切りされた
部屋で記帳していくのだが、研修の時にK氏曰
く「読売新聞だけは絶対挨拶しないよ。見てて
ごらん、ヌボっと入ってきて、ヌボっと出てい
くから」と、確かに。

ところが、読売新聞の女性配達員が私が一人勤
務するようになってからは「失礼します」と大
きな声をかけて帰っていくのである。立ち会う
必要も無いので、間仕切りのこちらで私も「お
疲れ様でした」と答える。


就活奮戦記 8 投稿者: 投稿日:2019/06/20(Thu) 10:22:09 No.1091  引用する 
昼間は管理会社がその執務を請け負っている。
夜間は経費節減のために警備会社に委託するわ
けだ。

このマンション建設当時からその管理の任に当
たっている長老S氏がいる。彼の口癖「ここは
俺がいないと、立ち行かないんだよ。」と。確
かに、住人の対応から、ちょっとした設備の補
修までパーフェクトにこなしてしまう。

そんな彼が目下の所の眼目は、近く行われる予
定の防災訓練。例年の行事ではあるが、20数ペ
ージに及ぶ彼独自のレジメをパソコンで作成し
て、我々警備にも配布してくれた。

<地震が発生したら、どうする>
「先ず、テレビをつけて震度の情報を得、エレ
ベーターの中の閉じ込めはないかの確認をし、
3分以内に全館放送する。」となっている。

そこで私が、「もし停電になったらどうするん
ですか。放送できませんよ」とS氏に聞くと、
「そこのロッカーの上にハンドマイクがあるだ
ろう。中庭に出てあれでやるんだよ」と、へぇ
ーこれですか。とハンドマイクを取り出し、い
じってみたのだが音が出ない。S氏もやったがだ
めだった。電池切れなのだ。中には液漏れして
いる電池も。5本あるマイクがすべて使用不可。
電池を交換したことがないらしく、電池パック
を取り出すのに四苦八苦。5分くらいしてなんと
か要領がわかる始末。

パーフェクトを自負して、部下の無能を嘆いてい
る彼だが、部下に任せてみることもアリですよ。

このS氏を例のK氏は嫌っている。「外面が良く
て内には仏頂面だからだ」と言う。でも、上に
はペコペコ、下には鬼の形相になるK氏に比べ
れば、私はずっとS氏の方が良いと思っている。
一本筋が通っているからだ。

彼から教えを乞うこと頻(しき)りです。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -