0153859

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
蛇々馬会 掲示板
[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1白いキンモクセイ (9) New!  / 2反イベルメクチン報道の内幕 (12) / 3中国韓国が期待した総理 (16) / 4さざれ石の如く日本は変わらない (13) / 5「一人の命は地球より重い」のルーツは (10) / 6山川のオグラだけ (15) / 7新生山川小学校閉校 (8) / 8山川小学校閉校 (13) / 9中国発ニュースは鵜呑みにするな (24) / 10鹿児島は玉子消費日本一 (5) / 11貧乏人の贅沢 (45) / 12コロナは峠を超えた (53) / 13当体蓮華 (14) / 14わび・さび (8) / 15コロナウィルス対策を1日も早く (36) / 16「手打ちそば」の手打ちとは (24) / 17新年明けましておめでとうございます。 (20) / 18武漢コロナ (37) / 19山川 28会 東京同窓会 (1) / 20人助け世界最下位日本の報道を斬る (14) / 21令和も。。 (2) / 22渋谷おはら祭りが開催されました (38) / 232019夏 (18) / 24屋台村 (7) / 25おもてなし (10) / 26健康 (18) /



[ 指定コメント (No.1676) の関連スレッドを表示しています。 ]

「一人の命は地球より重い」のル... 投稿者: 投稿日:2021/07/14(Wed) 23:54:42 No.1622  引用する 
https://youtu.be/5vY-JVbnTDQ

知覧特攻隊の一枚の写真について武田邦彦さんの
youtubeが気になりました。

明日の出撃を前に二人の特攻隊員が近所の婦女子
と記念撮影をしている。その顔がとても幸せそう
に見えるのはなぜかというのです。

【写真の出所】
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1245?area_prefecture_gcf_gcf


Re: コーヒーもう一杯 投稿者: 投稿日:2021/08/12(Thu) 08:20:50 No.1658  引用する 




弥勒菩薩のような微笑


Re: コーヒーもう一杯 投稿者: 投稿日:2021/08/12(Thu) 08:23:40 No.1659  引用する 
今や日本のお盆の風物詩となった「御巣鷹山慰霊
登山」報道ですが、「いつまでやるんか」。もう
いい加減止めればと思う。

あれから36年、確かに日本の航空機事故最大の犠
牲者520名を出したのだが、何を求めているのだ
ろう。「日航は謝罪しろ、謝罪しろ、反省しろ!!」
なのかな。

悲しいこと、つらいことは早く水に流して「上を
向いて歩こう」とするのが日本人のモチベーショ
ンなのですが、この御巣鷹山だけは珍しく、日本
人が忘れないようにと必死になっている感があっ
て、(普通の日本人にとってはもうどうでもいい
のでしょうが、マスコミが執拗に報道し続けてい
るような気がします)

あの事故、日航にそれ程の過失はなく、むしろ責
められるべきは修理ミスをしたボーイング社の方
だったのですが。アメリカへの責任追求はウヤム
ヤになって、日本人だけでウジウジ、毎年しめや
かに。これが日米逆の立場だったら膨大な賠償金
を請求されていたことでしょう。マスコミも、日
航や政府が悪いとは思ってないので、それらへの
批判はない。

なら、何で毎年毎年御巣鷹山なんだろう!?もっ
とこの時期伝えるべき大切な事があるでしょう!!

坂本九 Sukiyaki
(昔アメリカのMTVで流れていたバージョン)
https://youtu.be/ExQRSDKDTFg


メンタリストダイゴ 投稿者: 投稿日:2021/08/15(Sun) 23:51:53 No.1664  引用する 
<猫とホームレスや生活保護受給者の命、どっちが
大事か>

私はネット上でbuzzってる下世話なことには興味
ないのですが、ちょっと気になったので考えてみ
ようと思います。

ダイゴというyoutuberの若い兄ちゃんが、たくさ
んの本を読んで得た知性で、フォロワーの人生相談
に答えることでそこそこの富を得ている。今や絶好
調の彼が、「生活保護者やホームレスの命は猫の命
にも劣る」と発言したことで炎上したのですが、す
ぐに謝罪動画を2本出しました。

<一回目、弁明動画>
https://youtu.be/4S94d3mcxzA

僕は一般の人よりも多くの税金を払っている。僕
にとってのいい社会とは猫が殺されない社会。そ
っちの方に税金を使ってほしいよね。【猫の命よ
り人の命の方が重いという人もいるだろうけど、
僕にとっては猫の命の方が重いと思うので、】僕
にとっては生活保護とかホームレスはいらないよ
ね、究極の選択をしたらいらないよねとなる。

<二回目、謝罪動画>
https://youtu.be/Eai84ynVtko

現在の(生活保護をもらっている)境遇から抜け出
す為に、【日々努力している方々を】傷つけてし
まったことは、【人としても】してはいけない行
為だったのでお詫びします。

と、2回目では喪服を着て殊勝に謝罪しているの
ですが「努力してない生活保護者やホームレス」
の命は、やはり猫より軽いという彼の持論は撤回
していないようです。

「人の命は地球より重い」となんとなく思ってき
た私たちですが、ダイゴのような考えも価値観の
多様化でアリなのか、少なくともこのような発想
をする若者が出てきて、それに対して呆れてはい
るが明確な反論をしている論調はありません。

「人の命は何故地球より重いのか」について考え
てみます。(つづく)


「人の命は地球より重い」のルー... 投稿者: 投稿日:2021/08/19(Thu) 22:53:52 No.1667  引用する 
【人の命は地球より重い】

我々には常識的言葉ですがdaigo世代には死語の
ようです。この言葉の出所を調べてみます。

戦時中は「人の命は一銭五厘」といわれていまし
た。招集令状の赤紙(ハガキ)がその値段だったか
らです。神風特攻隊や人間魚雷など、神道が大手
を振っていた時代は人の命は軽かったようです。

では仏教由来かというと、仏教の経典にもその言
葉は出て来ません。ルーツを探っていくと1871年
(明治4年)に行き着きます。

時は明治維新、文明開化の気風の中で西欧の啓蒙
主義が一世を風靡していました。啓蒙主義とは、
「古い考えに束縛されず、自分の頭で考えて理想
の社会を作っていこう」というものです。そのた
めには学問が必要だよね。ということで、福沢諭
吉は「学問のすすめ」を著し、さらにその指南書
として、英国の啓蒙思想家が書いた本を中村正直
が翻訳し、このニ著がいずれもミリオンセラーで、
当時の若者の愛読書だったようです。

この中村の訳本に例の言葉がでてきます。ですか
ら、あの言葉はキリスト教発祥かと思いきや??
(つづく)


Re: 「人の命は地球より重い」の... 投稿者: 投稿日:2021/08/22(Sun) 17:00:23 No.1671  引用する 
中村正直が翻訳したのは、欧米の著名人
300人余りのサクセスストーリーとその
旺盛なメンタルを書き綴った啓蒙書全十
一冊。原題はSelf Help (自助論)

「天は自ら助くるものを助く」

有名な言葉の本です。意味は「自助努力す
る人へは天も味方するよ」というのです。

これはキリスト教世界では大変な変革を意味して
います。それまでの教えは、アダムとイブの原罪
を背負った人間は、ひたすら神に許しを乞い、神
を賛嘆(アーメンと唱えることを)すれば、願いは
何でも叶うよ。神の恵み、神のご加護があるよ、
としてきたわけですが、

Self (自分自身で努力すれば)、Help (神も味
方してくれるよ) と、見方によれば神に頼らない
自助努力の勧めです。それは原因と結果論で貫か
れている仏教的発想に似ています。(仏教では過
去の自分の行いの結果として今の自分があり、今
自分が何をするかで未来の自分は決まる。だから
今頑張りなさいと教える。)

横道に逸れましたが、【人の命は地球より重い】
この言葉は原本には無く、中村正直がその序文に
書いた言葉です。中村はこの時キリスト教に傾聴
していますから、やはりキリスト教由来の言葉な
のかなとも思いますが、・・・ちがうなぁ。(つづく)


Re: 「人の命は地球より重い」の... 投稿者: 投稿日:2021/08/28(Sat) 07:17:45 No.1676  引用する 
「人の命は地球より重い」が聖書のどこに書いて
あるのか探しましたが、直接的な言葉は見当りま
せん。「たといたくさんの物を持っていても、人
の命は持ち物にはよらないのである」(ルカ伝12-
15)、こんな感じでぼんやりと。

そんな中、唯一これだと北海道酪農大学の小林昭
博氏(神学博士)が論稿しているのが、マタイ伝16
-26です。

「イエスのこの言葉が置かれているのは、マタイ
福音書16章21−28節の「受難予告」の場面なので
すが、イエスは自らの死が避けられない逼迫した
状況であることを悟り、【自らの死を覚悟しつつ、
自分が今生きていることの幸いを実感し、この世
の全てよりも生命の方が大切だという率直な思い
を吐露した】のではないでしょうか。



ここで注目したいのは、生命より大切なものは存
在しないというときにイエスが語る生命の捉え方
です。ここでイエスが「自分の生命」という限定
を付けて生命を理解していることがとりわけ重要
です。つまり、イエスは生命を単なる概念や理念
ではなく、「自分の生命」というひとりひとりに
与えられているかけがえのない生命として理解し
ているということです。」

違うなぁ。キリストが本当に「一人一人の生命が
大事」と言ってれば、black lives mater (黒人の命
が大事)という今日の運動は起こっていない。キ
リスト教が奴隷制を認め、人間社会の差別を容認
してきたからこそ今日の社会の不条理が生まれて
いるわけですから。

神学博士のこじつけでは!?(つづく)


Re: 「人の命は地球より重い」の... 投稿者: 投稿日:2021/09/01(Wed) 00:53:11 No.1679  引用する 
イエスは【自らの死を覚悟しつつ、自分が今生き
ていることの幸いを実感し、この世の全てよりも
生命の方が大切だという率直な思いを吐露した】
と、この神学博士は言うのですが、

なんかイエスはこの世の命に未練タラタラって感
じですよね。本当にそうなのかい。では、その26
節より前の方から読んでみましょう。

戒律の厳しいユダヤ系のパリサイ人の裁判官等に
出頭を命じられて、行ったら処刑されると思った
使徒のぺテロが「どうか行かないで下さい」とイ
エスに懇願する。それに対する23節以下イエスの
心情は、

【23節】ペテロよあなたの私を気遣う思いは俗世
のものだ。

【24節】私の真の弟子なら、俗物への執着を捨て、
友の罪をも背負って信仰の道に入りなさい。

【25節】俗世の命にこだわらない者は、永遠の命
に気付くだろう。

【26節】永遠の命に勝る物はこの地に存在しない。

つまり、イエスの言う「自分の命」とは、復活可能
な永遠の命のことなのだと思うのですが。でも誰も
イエスに付いていく者はいなかった。その代表がペ
テロです。あの北海道酪農大学の神学博士でさえ、
今だに俗世の命が大事だと、イエスの心をわかろう
としていない。ですから、キリスト教では永遠の命
は無いとされているのでしょう。


人の命は地球より重い(2) 投稿者: 投稿日:2021/09/04(Sat) 01:15:43 No.1681  引用する 
幕府の儒学者であった中村正直が訳した「西国立
志編」の序文にその言葉はあるというのですが、
中村はどのようなシチュエーションでそれを使っ
たのか、原文を見ることにしました。でも読み下
し文がネットに無く、辞書を頼りに自力で訳しま
したので、少々間違っているかもです。

さて1862年(31歳)、中村は幕府の英国留学の一行
として渡英します。しかし、2年後には幕府は大政
奉還し帰国する。そして明治維新です。時の識者
達には富国強兵が命題でした。

国を強くするにはどうすれば良いのか。

(1)、手っ取り早く西洋の戦略本(兵書)を翻訳すれ
ば良いのに、なぜ人文書を出すんだ。という客人
の問いからこの序文が始まります。それに対する
中村の答は、

(2)「人民が篤く天道を信ずることが富国強兵に繋
がる」というものでした。

天道とは儒教のことですが、中村は一般的な宗教
という意味でも使っているようです。英国が産業
革命を成し遂げ世界を制覇し、日本へもその力を
及ぼそうとしている。その強さは「英国人の信仰
が厚く紳士的で勤勉であること」からくるので、
それを学ぼうというのがこの本の趣旨です。

中村は英国人の信仰が厚いことが羨ましく、きっ
とキリスト教には何か素晴らしいものがあるのだ
ろうと思い、日本に帰って来てから宣教師に付い
て学び、本を出した3年後に洗礼を受けます。

ですが、「命は地球より重い」の言葉はキリスト
教の理念から出たものではなさそうです。なぜな
ら 、文中でキリスト教については一言も触れられ
ず、ひたすら儒教の理念が語られているからです。(つづく)


人の命は地球より重い(3) 投稿者: 投稿日:2021/09/09(Thu) 20:17:07 No.1687  引用する 
富国強兵こそが明治維新の識者たちの
眼目だったのですが、中村は「富国強
兵と言っても決して税金を絞りとって
軍を強くする事を考えてはいけない。
政治は福利更生にも気を使い、民の生
活を豊かにしてこそ民はやる気をおこ
してくれるもので、それには学問文芸
を興して、(1)【仁風】儒教での最高
価値とされる仁徳でもって民を滋養す
れば、世の中は(2)【滋雲和氣】ハッ
ピーになっていくよ。

武装兵が鉄砲を使うのはなんでだと思
いますか。(3)【兵者凶器】武器とい
うものは人を殺す道具です。(4)【仁
者無敵】「優れた名士は武力に任せて
物事を解決しようとはしない」という
老子の言葉がある。(5)【善戦者】手
柄を立てた戦士とは言っても、それは
人を多く殺したということだから逆に
罪に問われるべきです。

(6)、一人の命は地球より重いのだから。

(7)【貧土地】覇権を求めての戦争は貴重な人命
を賭(と)しているのだよ。西洋の連中はそこのと
ころはわかっちゃいない。誰もそれに触れようと
しない。

(次最終頁)【西国近時大省刑罰。不可カン矣。】
西洋諸国はその罪から逃れられない。

と糾弾しているのです。でも、中村はキリスト教
の敬虔(けいけん)な信仰心に儒教の理念を加えれ
ば理想的な社会になると思ったのかもしれません。

で、肝心の言葉(6)ですが、ご覧のように唐突に
出てくるわけです。中村の聖書から引用した造語
なら、「聖書に斯く斯くあるが』と断りを入れる
はずですが、既知の言葉のような使い方がされて
います。


人の命は地球より重い(4) 投稿者: 投稿日:2021/09/15(Wed) 19:47:42 No.1693  引用する 
で、結論ですが、かの神学博士が言っていた「一
人の命は地球より重い」の言葉が聖書から、とい
うのは嘘であることがわかりました。

では、儒教からでしょうか ! ?それも違います。
儒教には人の命を大切にするという概念は皆無だ
からです。

それは、「殺生」を最大の罪とする仏教の魂が、
日本人及び社会の隅々にまで染み込んでいる中か
ら生まれた言葉なのだと考えられます。

日本の警察が拳銃を使わず、いかなる悪人の命を
も毀損することなく確保しようとするスタンスか
らは、キリスト教社会でのBlack Lives Matterのよ
うな悲劇は起こり得ないのです。

「一人の命は地球より重い」という格言は、日本
だけで通用している言葉です。

奴隷制を当然のこととしてきた西洋キリスト教国
家において、その根幹の宗教を今さら変えるわけ
にはいかないでしょうから、そこから生まれた不
条理(差別)を、後から自由平等とか民主主義とか
Black Lives Matterとか言い繕って直すしかない
のは、西洋の不幸かもしれません。

仏教と神道を基調とする日本では元来平等で差別
も格差もなかった。士農工商の格差は儒教から来
たものです。西洋の自由主義思想をまるで先進的
高等なものと教科書では習いましたが、いやいや、
日本の方がすごいと思いますよ。(了)

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -