JRiver Media Center 19 でDoP

20140429-logo.png
今まではPC音楽用のミュージックプレイヤーとしては「MusicBee」と「AudioGate」を使ってましたが、今回、あにょがDSD音源の再生用ミュージックプレイヤーとして導入したのは「JRiver Media Center 19」というもので、JRiver 社が開発した高音質なメディアセンターソフトウェアです。有料で$49.98しますが、クーポンを使えば$39.98で買えます。また全ての機能を使える30日間の試用版もあります。あにょも最初試用版をダウンロードしましたが、使い勝手もいいし、なんといっても高音質だったのですぐにライセンスを購入しました。
あにょはちょっと不安定かもしれませんが最新版をダウンロードしました。
( 2014/4/29現在の最新版はJRiver Media Center 19.0.131)
安定版はこちらからダウンロードできます。
( 2014/4/29現在の安定版はJRiver Media Center 19.0.128)
購入方法
こちらにアクセスして、必要な項目を入力、クーポンコードを記入して、「Continue」をクリック。
クーポンはgoodbyewinampが使えました。10ドル安くなります。
20140429-ws000034
あにょは手続きが簡単な「PayPal」で購入しました。この画面でメールとパスワードを入力して「ログイン」。
次画面で「Agree and Pay」をクリックすれば購入手続きは終わりです。
20140429-ws000035
「Registration Code」のURLをクリックしてライセンスをインストールすれば使えるようになります。
20140429-ws000036
20140429-ws000037
「JRiver Media Center 19」の初期画面
日本語にも対応してますから分かりやすいです。メディアセンターというぐらいですから、音楽だけではなく、ビデオ、写真、テレビ、文書等の管理をすることができます。写真はRAWも扱えるようです。これだけ多機能だと使いこなすのも大変だと思いますが、まずはオーディオプレーヤーとして実力発揮してもらいたいと思います。
20140429-ws000044
まずは、オーディオデバイスの設定
ツール→オプション→オーディオデバイスから「Combo384ASIO 1.03 [ASIO]」を選択
ディスクのかわりにメモリーからファイルを再生する(ゾーン無関係)にチェックを入れる。
20140429-ws000030
デバイスの設定の「バッファリング」で、音飛びが発生しないようなサイズを選択。あにょは「最小ハードウエアサイズ」か推薦の「50ミリ秒」にして様子見です。
20140429-ws000055
出力フォーマットの出力エンコーディングは「2xDSD in DoP format(requires DSD capable DAC)」を選択。
20140429-ws000057
ビットストリーミング フォーマットは「DSD」を選択。
20140429-ws000061
いよいよ試聴
SACDからリッピングした2.8MHz 1bitのDSD音源が、DoP 2.8MHz 1bitで何も変換されないでそのまま出力されてます。Hotel California、レコードもSACDもCDもありますが、DSD音源のHotel California、なかなか高音質で良いです。
20140429-ws000065
ネットからダウロードした5.6MHz 1bitのDSD音源も、DoP 5.6MHz 1bitで何も変換されないでそのまま出力されてます。
DSD音源は今のところ「e-onkyo」等から配信されてはいますが、もっと沢山の音源がダウンロード出来るようになるといいですね。
20140429-ws000066
CDをリッピングした44.1KHz 16bitのPCM音源は、2xDSDのDoPフォーマットでエンコードされ、5.6MHz 1bit出力されてます。このCDは元々がいい音なので、DSDで聞いてもあにょの駄耳では少し良くなったのかなぁ?というぐらいで、違いはあまり分かりませんでした。
20140429-ws000067
DSPスタジオの設定は出力フォーマットだけで他はいじってませんが、イコライザー等かなり細かく設定できるようです。再生中のFourplayのアナライザーはこんな感じでした。
20140429-ws000078
インターネットラジオも普通にI2Sモノラルで聞くことが出来ます。こちらもなかなかいい音で鳴ってます。
20140429-ws000070
ということでPCM音源やDSD音源等フォーマットをまったく気にせず音楽を楽しむ事ができるようになりました。
リッピング
CDのリッピングもエラー訂正モードとかCDデータベースの自動検索、カバーアートの取得等も設定できるので特に問題なく行えます。
20140429-ws000071
エンコーダもDSDとかWAVとかいろんなフォーマットに対応してます。
20140429-ws000072
DSDでのリッピングはDSFファイル形式なのでタグ編集がサポートされます。サンプルレートは「DSD (64fs / 2.8MHz)」と「Double DSD (128fs / 5.6MHz)」で保存されます。
20140430-ws000074
その他
Youtubeとかインターネットも利用できるので、アーティストとかアルバムについて調べられます。
20140429-ws000075
20140429-ws000076
メディアセンターソフトウェアと謳ってるだけあってかなり多機能ですが、常にバージョンアップを繰り返して進化してるようだし、なんといっても高音質なのが良いです。有料ですが、この機能で4000円ちょっとですからかなりお買い得じゃないかなと思います。

5件のコメントがあります

  1. はじめまして。私もJR MC19を使ってDSD再生しています。実在コードを掲載されているようですが、これを入力すると誰でも正式版になってしまうと思います。確か年間10回まで使えます。

  2. MINORISUKEさん、おはようございます。
    そうなんですね、早速画像入れ替えました。
    ご指摘ありがとうございました。

  3. 初めまして、私もJr19を使い始めて三ヶ月になりDSD再生で楽しんでいます
    Blu-ray Discも再生可能ということで
    レンタルBlu-rayDVD Discを再生しょうとしましたが再生出来ませんでした、もちろん
    対応プレィヤーです再生の為の事前の
    設定等があればご指導下さい、よろしく
    お願いします。

  4. 大井さん、こんばんは。
    JRiverのsupportを見ればAnyDVD HDを利用することで聞くことができるようです。申し訳ないですが、やったこと無いので設定の仕方等は分かりません。インストールして常駐させておくとディスクを入れるだけで再生できるようです。
    http://wiki.jriver.com/inde
    http://www.slysoft.com/en/

  5. あにょさん、早速ご返事いただきありがとうがざいました。
    これからいろいろとやってみたいと思います、Blu-rayDVD の高音質の再生の可能性に挑戦したいと思います、ご指導いただ
    く事が有りましたら今後とも宜しくお願いします。

あにょ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください