レンズ内にゴミ

デジスコに使ってるコーワのTE-11WZですが、年末久々に使ったらレンズ内にゴミが混入してるのが発覚しました。しかも大量に!! コーワに画像添付してオーバーホール依頼しましたが、「なにか特別なことをされましたか?」と、コーワのテクニカルから電話がかかってきました。「バヨネットをはずして使ってます」と答えましたが、バヨネットを外した時のビスは元通り締めてあったのでゴミ混入にはほとんど影響は無いようで、こんなにゴミが混入してるのを見るのは始めてらしく、コーワも不思議がってました。

その時の画像です。
DSC01641

オーバーホールして戻ってきましたが、修理伝票には
 レンズユニット分解清掃外装
 各部点検
 光学検査 判定/合格

としか書いてありません。
何年も使ってますから本体にもそれなりに傷もあったんですが、本体も取り替えたようでほぼ新品になって戻ってきました。
_DSC7918

4件のコメントがあります

  1. あにょさん、こんにちは。
    あらら、ホントに綺麗に、まるで新品のようになっちゃいましたね。
    ここまで綺麗に復元となると、費用もそれなりに掛かったのでしょう。
    これでデジスコ、本格的に再稼働ですね\(^o^)/

  2. だっくさん、こんばんは。
    修理代金は¥6,600円しか請求されませんでした。
    なんか得したような気分です。
    ゴミによる画質への影響なんて殆ど無いと思いますが、綺麗になったレンズだといい写真が撮れそうです。
    早めにテストしたいのでまた近いうちにお邪魔します。

  3. yanaさん、お久しぶりです。
    やはりズームレンズ特有の弱点なんでしょうかね。
    考えられるのは、スコープ側にゴミが付いてたんじゃないかと思います。
    ゴミが付いてたのにそのままTE-11WZを取付して、TE-11WZのレンズが伸び縮みする部分から入ったんじゃないかなと思います。アイピースを取り付けする時はきちんと掃除してから取り付けなきゃいけないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)