Nik Collection の使い方

Nik Collection の使い方は、Photoshopの場合「フィルタ」メニューから「Nik Collection」を選び、画像編集に使いたいプラグインを選びます。当然すべてのプラグインを使う必要はなく、必要なプラグインのみを適用すればいいわけですが、一番先に適用するのが、「Dfine」最後が「Sharpener Pro」と言った具合に使う順序みたいなワークフローもありますので、ちょっと注意が必要です。

■ Nikが推薦しているワークフロー
1. Sharpener Pro を使用して RAWプレシャープネスを適用。(必要に応じて)
2. Dfine を使用してノイズ低減を適用。
3. Viveza を使用して色や光を調整。
4. Color Efex Pro を使用して高度なフィルタ処理を適用。
5. Silver Efex Pro を使用してモノクロに変換。
6. Sharpener Pro を使用して出力用シャープネスを適用。

※ Analog Efex Pro は、Define 以降であればどのポイントでも使用できます。
HDR Efex Pro は、Dfine の直後に使用するのが最適です。

Workflow

「Sharpener Pro」に関してはRAWプレシャープネスと出力シャープネスの二種類が有ります。現像後にRAWプレシャープネスを少し適用して、画像処理を行い、最後に「出力シャープネス」を適用するといったような二段階のシャープネス処理と、出力用シャープネスを最後に一回のみ適用する一段階のシャープネス処理が有ります。「Sharpener Pro」を使うのであれば、RAW現像ツールとかPhotoshopのシャープネス処理は使用しない方がいいです。

使い方は下のリンクも参考にしてください
■ Nik Collection by Google ヘルプセンター
https://support.google.com/nikcollection

英語ですが動画もたくさんアップされてるので、英語がわかる方は動画を参考にされるといいかと思います。
■ Inside the Nik Collection
https://www.youtube.com/user/NikSoftwareLessons/playlists?sort=dd&view=50&shelf_id=6

あにょが5年ほど前に導入した「Nik Software Complete Collection」のクイックスタートガイドというものをPDFでアップしておきます。古いので操作方法が若干違うところもありますし、Analog Efex Proは含まれてませんが、参考になると思います。
■ 「Nik Software Complete Collection」クイックスタートガイド

Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す

Allowed Tags - You may use these HTML tags and attributes in your comment.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.