α6000でデジスコ

昨日もちょこっと行ったんですが、今日も鳥撮りに行ってきました。フィールドに着いたら、皆さんに久し振りだね~と言われちゃいました。それもそのはず、前回おじゃまさせてもらったのは、去年の入間基地航空祭の日だったので約1年ぶりです。長いことデジスコやってなかったのでもたもたしてしながらの撮影でしたが、そこそこカワセミも出てきてくれたので楽しく過ごすことが出来ました。

今日はTSN884+VA3にソニーのα6000+SEL50F18を繋ぎ、焦点距離は1050mm 固定での撮影です。
_DSC2392
α6000を使い始めて最初の印象は、ピント合わせが難しいという印象です。結構ピントを外してるのがありました。同じソニーのRX100もピント合わせが難しいですが、このα6000も同じような印象です。α6000はAFも早いしAF-Cも使えるので、ピント合わせの癖を掴むことが使いこなしのポイントになるのではと思います。

飛び出しですが、振り遅れで、完璧な前詰りです。
_DSC2418

_DSC2777

ちょっとピン甘ですが、ホバもゲット出来ました。
_DSC2805

α6000+SEL50F18なんですが、ピントが合えば、結構解像します。これでもコントラストとシャープをマイナス1にして撮ってるんですが、ちょっとビビットな絵作りですね。コントラストとシャープをマイナス2にしてもいいかもしれません。
_DSC2846

_DSC3010

これも完璧な振り遅れです。フレームにさえ入ってません。ノートリでこの大きさですから、この近さだと、焦点距離1050mm での飛びものは結構厳しいですね。
_DSC2979

昨日の遠くのホバを数点。これはα6000+SEL1855での撮影です。
_DSC1532

_DSC1631

_DSC1945

_DSC2022

_DSC2038

α6000、もう少し使い込んでみようかなと思います。

2件のコメントがあります

  1. あにょさん、こんばんは
    久々の鳥撮りと言えど、やっぱり腕は鈍っていませんね。
    ホバ、ピン甘とのことですがどうしてどうして、しっかり解像しています。
    至近距離の止まりモノに至っては、吃驚するほどのキレの良さですね。
    α6000、使いこなせば凄い武器になりそうですね~。

  2. だっくさん、こんばんは。
    コーヒーごちそうさまでした。
    最初は止まりものさえピント合わせにまごついてました。
    飛びものも全然追いかけられませんでした。
    追いかける以前に中央で捉えることが出来ませんでした。
    解像度はα6000というよりSEL50F18がいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)