S95でお月様

PowerShot S95の初撮りはお月様でした。S90用のブラケットの厚みを少し薄くして、カメラネジの位置も少しずらしたら問題なく使えました。
ズーム中間域の50mm(合成焦点距離1650mm)での撮影で、ノートリ。1600×1200にリサイズしてます。
追記:シャープネス-2で撮ってますので、シャープネスを掛けて、お月さんらしい色にレタッチするとこんな感じに・・
20100827-IMG_0167
TSN-774+28XWDA+S95 1/125s f5.6 ISO80 -1.00ev 10.7mm(1650mm) 絞り優先 WBオート
上の写真のピクセル等倍はこんな感じです。
追記:これもシャープネスを掛けてレタッチするとこんな感じに・・
20100827-IMG_0167~
なかなか良いんじゃないかなと思います。S90に比べたら連写が2倍になったので、それだけでも嬉しいですね。
追記
28XWDAだと、2ステップ目(2ステップ目はほんの少し4隅にケラレ有り)からテレ端まで同じクリアランスで写せます。テレ側2ステップは若干周辺減光がありますが、ほとんど気にならない程度です。条件によって若干周辺減光が出ますので、気になるようであればクリアランスを広げる事で周辺減光はなくなります。但しそのままのクリアランスでワイド側に振ると結構ケラレが出ますので、クリアランスを広げたらテレ側限定で使うようでしょうね。普段はレンズが一番伸びたところで、接眼レンズにぶつかるギリギリのところにセットしておけば、ワイドからテレ端までオールマイティーに使えるはずです。テレ端でここぞってというときや、テレ端しか使わないという人は8mmほど広げればベストの状態で撮影できると思います。S90は連写とクリアランスの問題がネックだったんですが、両方共改善されてますので、これだけでも乗り換えても損はないんじゃないですかね。
数時間しか触ってないし、実際に野鳥撮影したわけでもないので、結論を出すのは早過ぎるような気もしますが・・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください