JRiver WDMドライバー

最新のMC 20.0.41ではWindows Driver Model (WDM)ドライバーも一緒にインストールされるようになりました。 この新しいWDMドライバーをWindowsデフォルトとして設定すれば、ネットラジオとかYouTubeとか、全てのアプリケーションの音がJRiverを経由して聞くことが出来るようになります。

設定方法は「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「サウンド」で「JRiverMedia Center 20」を選択して「規定値に設定」、「OK」をクリックすれば設定変更されます。
WS000137

これで、YouTubeにアップされてるものが、2.8MHzとか5.6MHzとかのDSDフォーマットで聞くことが出来るようになりました。YouTubeの音がなんとなくなめらかになったような気がします。
WS000140

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください