究極のデジタルノギス

こんなものを買いました。ミツトヨのデジタルノギス「CD-S15CT」です。
●ゼロセット不要のABSデジマチックキャリパに、太陽電池を搭載した究極のデジタルノギス・・・らしい
ABS(アブソリュート)測定機能って「絶対原点」を持ってるってことらしく、究極のデジタルノギスって書いてありました。今までもシンワのデジタルノギスを使ってましたが、シンワの器差は「プラスマイナス0.03mm」、今度のミツトヨの器差は「プラスマイナス0.02mm」で、値段も3倍以上します。それがどうしたってぐらいの器差なんですが、どうも「究極の・・」とかって書いてあるのに弱いんです。照度が60ルクスの日常生活の明るさがあればどこでも使えるので、帰ってからそこらへんにあるものを測って喜んでました。(^o^)
20130131-_dsc7939

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください